CBR 出エジプト35章、2コリント1章

35:21‐35

感動した者と、心から進んでする者とはみな、会見の天幕の仕事のため、また、そのすべての作業のため、また、聖なる装束のために、【主】への奉納物を持って来た。 また、心に知恵のある女もみな、自分の手で紡ぎ、その紡いだ青色、紫色、緋色の撚り糸、それに亜麻布を持って来た。 感動して、知恵を用いたいと思った女たちはみな、やぎの毛を紡いだ。

神様の宿る天幕を作るため、イスラエル人は大胆に捧げ、進んで奉仕しました。 強制されてではありません。 心からです。なぜでしょう。感動したからです。 神様の働きは、感動から始まります。 わたしたちの心に、そんな感動があるでしょうか。 ではなぜ、イスラエルは感動したのでしょうか。 たぶん金の子牛をつくってしまった、あの大きな罪を赦されたことを実感したからでしょう。 あんな罪を犯したにも関わらず、神様が人々の真ん中に住んでくださるという事実に感動したらでしょう。 私たちも、大きな罪を犯すものです、でも、神様はキリストの血によって、私たちを赦し、聖霊様が私たちの中に住んでくださっています。 感動しましょう。

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square

​​​​© 2020 Grace Harbor Church Tokyo

  • facebook-square