CBR 1コリント11章、出エジプト29章

1コリント 11:20-21

あなたがたはいっしょに集まっても、それは主の晩餐を食べるためではありません。 食事のとき、めいめい我先にと自分の食事を済ませるので、空腹な者もおれば、酔っている者もいるというしまつです。 … そのために、あなたがたの中に、弱い者や病人が多くなり、死んだ者が大ぜいいます。ですから、兄弟たち。食事に集まるときは、互いに待ち合わせなさい。

今の日本では餓死というのはあまりありませんが、当時の世界では頻繁でした。教会でも、例外ではありません。 そんな中で、教会でみんなで集まって食事を食べる聖餐式のときは食をえる貴重な機会でした。 でも、切実だからこそ、混乱しました。でも、聖餐式だからこそ、イエス様の態度を思い出すべきです。 「わたしを覚えてこれを行いなさい。」とイエスは言いました。 イエスの姿とは、自分を捨てて、人を生かす態度でした。 そんなイエス様の愛によって、私たちは生かされました。 教会はイエス様を頭とするキリストの体です。今日も、キリストに励まされながら、自分のニーズではなく、人のニーズのために生きたいですね。

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square

​​​​© 2020 Grace Harbor Church Tokyo

  • facebook-square