CBR 使徒5章、創世記29章

使徒5:28-29 「あの名によって教えてはならないときびしく命じておいたのに、何ということだ。…」 ペテロをはじめ使徒たちは答えて言った。「人に従うより、神に従うべきです。」

神様の命じることは、人間的に納得できることでないことがほとんどです。 留置所に捕らえられていた弟子たちを主のみ使いが救い出したあと、命じたのは、しばらく身を潜めるようにではなく、すぐに福音を語り始めなさいということでした。 結果、再び捕らえられるのですが、この時にペテロの言葉が印象的です。 「人に従うより、神に従うべきです。」 私たちは何に従っているのでしょうか。 自分の考えや、直感や、常識に従っていて、結果的に神様に従っていないということはないでしょうか。 神様に従うということは、いつもリスクを伴います。 でも、そのリスクは神様が何とかしてくれます。 弟子たちも、裁判の席で、思わぬ人の思わぬ一言によって、無罪放免となりました。 救いの主が共にいてくださることを信じて、今日も、人にではなく、主に従う一日になりますように。

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square

​​​​© 2020 Grace Harbor Church Tokyo

  • facebook-square