CBR 詩篇110

110:3 あなたの民は、あなたの戦いの日に、聖なる飾り物を着けて、夜明け前から喜んで仕える。あなたの若者は、あなたにとっては、朝露のようだ。

 110:4 主は誓い、そしてみこころを変えない。「あなたは、メルキゼデクの例にならい、とこしえに祭司である。」

 

よく自分の姿を見て、がっかりすることはないですか。 神様の力にあふれて生きるどころが、恐れでいっぱいの中で、誘惑にも負けつづけてしまったり。 今週の僕も、自分の時間の使い方、人への愛の少なさに気づかされて、がっかりすることがありました。

でも、今日の聖書の箇所では、主の民である私たちは、「聖なる飾り物を着けて、夜明け前から喜んで仕える。」「朝露のようだ。」といわれています。 たとえ、今の自分の姿にがっかりすることがあっても、私たちを用いていくという主の計画は変わりません。

 

そして、そのために、イエス様は、私たちのために「大祭司(メルキゼデクの位の祭司)」として、永遠に私たちの罪を贖い、私たちを聖め、造りかえて、主のために用いていって下さいます。 

 

今日、私たちのそばに立って、「あなたはわたしにとって『朝露』のようだ」と励ましてくださる、キリストの声に耳を傾けたいですね。

Please reload

Please reload

Search By Tags