CBR ゼカリヤ3章、黙示録3章

ゼカリヤ1:16-17

「それゆえ、主はこう仰せられる。『わたしは、あわれみをもってエルサレムに帰る。そこにわたしの宮が建て直される。――万軍の主の御告げ。――測りなわはエルサレムの上に張られる。』

もう一度叫んで言え。万軍の主はこう仰せられる。『わたしの町々には、再び良いものが散り乱れる。主は、再びシオンを慰め、エルサレムを再び選ぶ。』」

荒廃したエルサレムに70年ぶりに帰ってきたイスラエル人を励ますために、ゼカリヤに与えられた預言の幻です。 実際に荒廃した街に住んではいなくても、自分の人生がまるで荒廃しきっているかのように感じることはよくあるのではないでしょうか。 そんな荒れ果てたエルサレムに対して、主は「わたしは、憐れみをもってエルサレムに帰る」と約束しました。 そして、確かにその数百年の後、エルサレムで、イエスキリストが叫んでいました。 「誰でも、渇いているものは私のところに来なさい!」 僕たちの荒廃した心の中にも、イエス様は来てくださいます。 今夜、私たちの人生に良いものをちりばめようとしてくださっている主に感謝したいですね。

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square

​​​​© 2020 Grace Harbor Church Tokyo

  • facebook-square