CBR マタイ23章、アモス6章

おはようございます。 今日は日本の教会開拓運動をどうやって広めるかという会議のため、大阪に来ています。 全国の教会開拓を経験してきた人たちから、たくさんの刺激を受けています。

さて、今日のCBRはマタイの23章。 パリサイ人たちを、偽善の律法学者と呼んで糾弾している場面です。 一見、イエス様の厳しさばかりが目につきますが、でも、その中でも、パリサイ人たちに対するイエス様の愛が見て取れる箇所があります。

「23:26 目の見えぬパリサイ人たち。まず、杯の内側をきよめなさい。そうすれば、外側もきよくなります。」

「23:37 ああ、エルサレム、エルサレム。預言者たちを殺し、自分に遣わされた人たちを石で打つ者。わたしは、めんどりがひなを翼の下に集めるように、あなたの子らを幾たび集めようとしたことか。それなのに、あなたがたはそれを好まなかった。」

➡ イエス様がパリサイ人たちにあんなに強く言っているのは、それを通して、悔い改めるようにという呼びかけです。 聖書の中で、厳しいことが言われていても、それは、めんどりがひなを集めるようにしている神様の愛です。 私たちにも、今日、悔い改めてイエス様に立ち返るようにと呼びかけられているのではないでしょうか。 パリサイ人たちは、残念ながらこう言うイエス様の言葉を聞いても、自分のこととしては受け取らず、あるいは、イエス様に反発して終わっていきました。 今日、同じ間違いを犯さないようにしたいものです。 厳しさの裏にある、愛に目を留めて、今日、語られるみ言葉を真摯に受け止めて、「主よ、私を変えてください」と、言いたいですね。

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square

​​​​© 2020 Grace Harbor Church Tokyo

  • facebook-square