CBR ホセア5章、マタイ5章

おはようございます。 今日は、午後から天気が崩れるようですから、お気をつけて。

 

ホセア5章はつづけて、イスラエルの罪が糾弾されています。 

「彼らは自分のわざを捨てて神に帰ろうとしない。」v.4

「彼はあえてむなしいものを慕っていった。」v.11

➡ 当たり前のことかもしれませんが、神様に喜ばれるために、まず、自分のわざを捨てないといけません。 自分が無意識にしたって行ってしまっている「むなしいもの」をまずは心でNOと言い、行動でNOと言う必要があります。

 

「彼らが自分の罪を認め、私の顔をしたいもとめるまで、わたしはわたしのところに戻っていよう」v.15

➡ 神様が一番求めているのは、私たちが主を慕い求めることです。 

 

今日、いろんな課題が私たちを取り囲んでいるでしょう。 その中で、神様が求めているのは、私たちがむなしいものに解決を求めて慕っていくのではなく、「主の顔を慕い求める」ことです。 今日、もし神様がすべての問題の解決になってくださるとしたら、私たちの生き方、考え方はどのように変わっていくでしょうか。 主の顔だけを慕い求める一日は、どのような一日になるでしょうか。 

 

マタイ5章14節 「あなたがたは、世界の光です。山の上にある町は隠れる事ができません。」

Please reload

Please reload