CBR 1ペテロ5章、ダニエル9章

おはようございます。シルバーウィーク、どのようにお過ごしでしょうか。茨木のボランティアに行ってる方もいらっしゃるでしょうし、明日からのリトリートに備えている方もいるでしょう。

今日の聖書は第一ペテロの最後の章です。

 

 5:5 同じように、若い人たちよ。長老たちに従いなさい。みな互いに謙遜を身に着けなさい。神は高ぶる者に敵対し、へりくだる者に恵みを与えられるからです。

 5:6 ですから、あなたがたは、神の力強い御手の下にへりくだりなさい。神が、ちょうど良い時に、あなたがたを高くしてくださるためです。

 5:7 あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです。

 

試練の中でペテロが強調してきたのは、神に従って聖く生きること、そして互いに愛し合うことでした。試練の中では、私たちは自分勝手になりがちです。 その中で神第一、人第二に生きるために必要なのは、「神の力強い御手の下にへりくだること」です。「神の力強い御手」とは主がイスラエルをエジプトから救い出したときのことを指して使われる言いまわし。 力強い神が私たちを愛していて、必要なときには必ず助けてくれると言うことを信じて、神にゆだねるとき、私たちは自分中心から解放されて、謙遜を身に着けることができるのではないでしょうか。 今日、まず力強い神の御手を心配してくださる神の愛を体験したいですね。

Please reload

Please reload