CBR 2ヨハネ、エゼキエル35章

おはようございます。 8月も終盤に入りました。 お盆休みも終わって、通常モードに入っている人も多いかと思います。 

今日の新約聖書は第2ヨハネです。 「選ばれた夫人とその子どもたち」にあてて書かれていますが、これは実は教会のことを指しているという有力な学説があります。 「教会」という言葉はギリシャ語では女性名詞ですし、「夫人」という言葉も小さい行政単位を示す言葉としても一般的に使われていたからです。

さて、そんな、教会にあてて書かれた短い手紙が第2ヨハネですが、こんな短い手紙の中で、何を強調しているでしょう。 

 

1:5-7 「そこで夫人よ。お願いしたいことがあります。それは私が新しい命令を書くのではなく、初めから私たちが持っていたものなのですが、私たちが互いに愛し合うということです。 愛とは、御父の命令に従って歩むことであり、命令とは、あなたがたが初めから聞いているとおり、愛のうちを歩むことです。 なぜお願いするかと言えば、人を惑わす者、すなわち、イエス・キリストが人として来られたことを告白しない者が大ぜい世に出て行ったからです。こういう者は惑わす者であり、反キリストです。」

 

強調しているのは、①互いに愛し合うこと、そして、②イエスキリストが人として来られたことを、しっかり教え続けることです。  なぜこの二つなのかなと考えました。 互いに愛し合うことは、イエスが十字架にかかる前に弟子たちに言いの子として言ったことです。 でも、それは、まずイエスが私たちを愛してくださったという不動の事実があってこそのものです。 互いに愛し合うために、キリストが人として来られて私たちを愛されたということをしっかり思い出すことが必要だからではないでしょうか。 

今日の雨模様の1日、わたしたちと共に歩んでくださる方がイエス・キリストです。 そして、イエスは私たちの罪を赦し、さらに罪に勝利できるように、今日も手を取って歩んでくださいます。 この方にすべてを任せて、今日、ちょっとだけ大胆に周りの人たちを愛していけたらいいですね。

Please reload

Please reload

Featured Posts

COMMUNITY BIBLE READINGとは?

July 17, 2015

1/1
Please reload

Recent Posts

June 24, 2016

Please reload

Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square

​​​​© 2020 Grace Harbor Church Tokyo

  • facebook-square