CBR 1ヨハネ2章、エゼキエル31章

朝起きたとき、何を考えているかで、自分が何を大事にしているかがわかってきます。 何か心配事で心がいっぱいなら、そのことが自分にとって一番大事なことになっています。 すぐメールしたり、仕事にとりかかったりするなら、生産性のある1日にすることが一番大事なことかもしれません。 ヨハネは、神の子羊であるキリストを信じ、キリストにとどまる人生とは、神のみこころを第一にする生き方を始めることだと言っています。

1ヨハネ2:15-17 「世をも、世にあるものをも、愛してはなりません。もしだれでも世を愛しているなら、その人のうちに御父を愛する愛はありません。 すべての世にあるもの、すなわち、肉の欲、目の欲、暮らし向きの自慢などは、御父から出たものではなく、この世から出たものだからです。 世と世の欲は滅び去ります。しかし、神のみこころを行なう者は、いつまでもながらえます。」

自分はどうかなと、最近考えさせられています。 今日、何のために、何を目指して生きるべきでしょうか。 無意識のうちに 「…しなければならない。…できればハッピーになれる。」といった声に支配されて、一日を始めてしまっていることに気づきます。

主よ、どうか私たちの1日が、なだめの供え物となられた御子イエス・キリストに感動して、キリストの内にある新しい命を喜んで、神のみ心を一心に追い求める1日になりますように。

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square

​​​​© 2020 Grace Harbor Church Tokyo

  • facebook-square