CBR ヨハネ7章、エゼキエル15章

おはようございます。 今日は、ちょっと曇り空な一日ですね。 私たちの心も、朝起きると、晴れの時もあれば曇りの時もあります。 でも、そんな中で変わらないものがあります。 それは、イエスを信じたときに与えられた聖霊の存在です。 そして、その御霊はいのちの御霊だといわれています。

ヨハネ7:37-38 「イエスは立って、大声で言われた。『だれでも渇いているなら、わたしのもとに来て飲みなさい。わたしを信じる者は、聖書が言っているとおりに、その人の心の奥底から、生ける水の川が流れ出るようになる。』 これは、イエスを信じる者が後になってから受ける御霊のことを言われたのである。」

このいのちの川は、その昔、預言者エゼキエルが幻で見た、神殿からながら出る川のことだといわれています。

エゼキエル47:9 「この 川 が流れて行く所はどこででも、そこに群がるあらゆる生物は生き、非常に多くの魚がいるようになる。この水がはいると、そこの水が良くなるからである。この 川 がはいる所では、すべてのものが生きる。」

イエス様のところに行くとき、誰でも、いつでも、どんな時でも、その瞬間、すべてのものが生きるといういのちの川があふれてきます。 今日、心の奥底にいらっしゃる聖霊様と語らいつつ、いのちの川から飲みながら歩みたいですね。

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square

​​​​© 2020 Grace Harbor Church Tokyo

  • facebook-square