CBR 2テモテ2章、エゼキエル2章

パウロが死ぬ前にテモテに書き残した、遺言のような手紙が2テモテだといわれています。 自分の死期をさとっているのか、パウロの言葉には熱がこもっています。

 

「キリスト・イエスの立派な兵士として、私と苦しみをともにしてください。」

たて続けに励まします。

「規定にしたがって競技」すること。「労苦」すること。「耐え忍ぶ」こと。 

 

「それで、あなたは、若い時の情欲を避け、きよい心で主を呼び求める人たちとともに、義と信仰と愛と平和を追い求めなさい。」

 

重みがどっしり伝わってくる言葉です。でも、同時に、自分にはその力はないと、落胆してもおかしくはありません。 

でも、2:1では、このようにキリストに従う力の源が書かれています。

「そこで、わが子よ。キリスト・イエスにある恵みによって強くなりなさい。」

 

強くなるエネルギーは自分の力ではありません。 キリスト・イエスの『恵み』です。 ついでに言うなら、『強くなりなさい』という言葉も、原語では受身形の『強くされなさい』です。 神様の恵みが僕たちを造りかえていっているという大きな後押しがあるのです。 

今日も残り少しですが、労苦すること、耐え忍ぶこと、キリストイエスの兵士として全うすることを、恵みによって追い求めていきたいですね。

Please reload

Please reload

Featured Posts

COMMUNITY BIBLE READINGとは?

July 17, 2015

1/1
Please reload

Recent Posts

June 24, 2016

Please reload

Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square

​​​​© 2020 Grace Harbor Church Tokyo

  • facebook-square