CBR コロサイ3章, エレミヤ42章

おはようございます。今日は、過ごしやすいお天気ですね。 ちょっと投稿が滞りがちになっていました。 みなさん、み言葉に励まされていましたか。 今週の新約聖書はコロサイ人への手紙ですね。 パウロが、牢獄に捕らえられているときに、コロサイという地域でクリスチャンが増えているらしいということを聞いて、いてもたってもいられずに励ましの手紙を獄中から送ったものです。  クリスチャンとして、何に目を留めて、生きなければならないのかというエッセンスを凝縮した手紙です。

 

「こういうわけで、もしあなたがたが、キリストとともによみがえらされたのなら、上にあるものを求めなさい。そこにはキリストが、神の右に座を占めておられます。 あなたがたは、地上のものを思わず、天にあるものを思いなさい。 あなたがたはすでに死んでおり、あなたがたのいのちは、キリストとともに、神のうちに隠されてあるからです。」(3:1-3)

 

ストレートな言葉だと思います。 イエスキリストを信じて、一つにされて、キリストのいのちの内に生きているのだから、この世のことに心をとらわれないように、かえって、上のものを求めて生きなさいということです。 マタイ6:33で、「神の国と神の義をまず第一に求めなさい」と言ったイエスの言葉と同じです。 ある意味で、叱咤激励です。 そうしないと救われないから、愛されないからではなく、すでに愛されていて、救われていて、キリストとひとつにさせられてしまっているからです。 では、今日、具体的にどう生きればいいのでしょうか。 それを、一人一人、神様に聞いて、教えてもらえたらいいですね。 今日の一日が上にあるものを求める一日でありますように。

Please reload

Please reload

Search By Tags