CBR 詩編74

皆さん、今日は礼拝ですね。 昨日のCBRの箇所、詩篇74篇から、分かち合います。

「 なぜ、あなたは御手を、右の御手を、引っ込めておられるのですか。その手をふところから出して彼らを滅ぼし尽くしてください。 確かに、神は、昔から私の王、地上のただ中で、救いのわざを行なわれる方です。」

敵を滅ぼしてくださいという、厳しい祈りですが、敵国に蹂躙されているときは、このような祈りになるのでしょう。 たぶん、ナチスの虐殺にさらされていたユダヤ人は、この祈りを祈っていたと思います。

さて、自分のことに当てはめてみると、敵に蹂躙されていることはないのですが、自分ではなんともできない状況に翻弄されていることは多々あります。 神様が、右の手を引っ込めておられるように感じることもよくあります。 その中で、いつのまにか神様をあきらめてしまって、自分の手でなんとかしようとしてしまいます。でも、この詩篇で教えられたのは、それでも、神様に期待して、神様に求めていく信仰です。 「主よ!救ってください!右の手を動かしてください!」という祈りです。 今日は日曜日、私たちの中で大胆に働いておられる生ける真の主に目をとめて、期待して、祈る、そんな礼拝を捧げたいですね。

Tags:

Please reload

Please reload

Search By Tags