CBR エペソ3章、エレミヤ32章

息子のお見舞いから戻ってきました。 今、リハビリの大変さなどを感じて、今、神様からの励ましを一番必要としている頃だと感じました。 そんな、息子のために、何を祈ればいいでしょう。 エペソの3章で、パウロはいろんな困難の中にいるエペソのクリスチャンのためにこんな祈りをしました。

「こういうわけで、私はひざをかがめて、天上と地上で家族と呼ばれるすべてのものの名の元である父の前に祈ります。 どうか父が、その栄光の豊かさに従い、御霊により、力をもって、あなたがたの内なる人を強くしてくださいますように。 こうしてキリストが、あなたがたの信仰によって、あなたがたの心のうちに住んでいてくださいますように。また、愛に根ざし、愛に基礎を置いているあなたがたが、 すべての聖徒とともに、その広さ、長さ、高さ、深さがどれほどであるかを理解する力を持つようになり、人知をはるかに越えたキリストの愛を知ることができますように。こうして、神ご自身の満ち満ちたさまにまで、あなたがたが満たされますように。 どうか、私たちのうちに働く力によって、私たちの願うところ、思うところのすべてを越えて豊かに施すことのできる方に、教会により、またキリスト・イエスにより、栄光が、世々にわたって、とこしえまでありますように。アーメン。」 エペソ3:14-21

もし、パウロが私たちのために何かを祈るなら、やっぱり同じ祈りになるんじゃないでしょうか。 息子のためにも、同じ祈りを捧げたいです。 グレースハーバーチャーチの仲間同士でも、同じ祈りを祈りあいたいですね。 キリストの愛の広さ、長さ、高さ、深さがどれほどであるか、人知を超えたキリストの愛を知ることができますように…。

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square

​​​​© 2020 Grace Harbor Church Tokyo

  • facebook-square