おはようございます。 1週間が始まりましたね。 今日は1日雨模様みたいです。

CBRでは、ACTSというフォーマットで聖書を読んでいます。 具体的にどうやるんですかという質問をときどき聞くので、今日はここで、ちょっと長いですが、ACTSに沿ってやってみます。 今日の旧約も、とてもいい箇所なので、マルコとエゼキエル、いっしょに読んでみましょう。

 

A [見上げる]

●マルコ11:24 「祈って求めるものは、なんでも受けたと信じなさい。」…これは何でも自分の欲しいものが手に入るということではありません。 この前に葉の生い茂って見栄えのいい、で...

おはようございます。 今日もまた、曇り空な一日ですね。 

今日の新約聖書はマルコの8章。  今日はちょっと長く…。

 

マルコ8:13-21

イエスは彼らを離れて、また舟に乗って向こう岸へ行かれた。

弟子たちは、パンを持って来るのを忘れ、舟の中には、パンがただ一つしかなかった。

そのとき、イエスは彼らに命じて言われた。「パリサイ人のパン種とヘロデのパン種とに十分気をつけなさい。」

そこで弟子たちは、パンを持っていないということで、互いに議論し始めた。

それに気づいてイエスは言われた。「なぜ、パンがないといって議論しているのですか。まだわからないので...

みなさん、一日ご苦労様でした。 今日は、蒸し暑い一日でしたね。 どこかで聖書を読んで、一日のリセットをしてみてくださいね。 

 

マルコ 7:9-22 

「また言われた。「あなたがたは、自分たちの言い伝えを守るために、よくも神の戒めをないがしろにしたものです。… 外側から人にはいって、人を汚すことのできる物は何もありません。人から出て来るものが、人を汚すものなのです。」 … また言われた。「人から出るもの、これが、人を汚すのです。 内側から、すなわち、人の心から出て来るものは、悪い考え、不品行、盗み、殺人、 姦淫、貪欲、よこしま、欺き、好...

08:57 Seima [CBR マルコ4章、エゼキエル40章]

 

おはようございます。なんだか一気に秋っぽくなってきましたね。 9月のリトリートが楽しみです。 みなさん、まだ申込してらっしゃらない方は、ここから申し込んでください。9月6日が締め切りです。

 

今日の新約聖書はマルコ4章。 

人生、たったの一回ですから、実のある人生を送りたいですよね。 どうすればいいのでしょう。 

 

 4:20 「良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。」

 

まずは、み言葉を「聞くこと」からです。 そして、それ...

みなさん、一日ご苦労様でした。 今日は、どんな一日でしたか。 

今日の聖書はマルコ2章。 イエス・キリストは力ある方だと紹介されたあと、この2章では罪を赦す方、罪びとを招く方として紹介されています。 

 

「パリサイ派の律法学者たちは、イエスが罪人や取税人たちといっしょに食事をしておられるのを見て、イエスの弟子たちにこう言った。「なぜ、あの人は取税人や罪人たちといっしょに食事をするのですか。 イエスはこれを聞いて、彼らにこう言われた。「医者を必要とするのは丈夫な者ではなく、病人です。わたしは正しい人を招くためではなく、罪人を招くために来た...

みなさん、どんな一日をお過ごしですか。

 

さて、今週から新約聖書はマルコに入ります。 一番短い、そして、たぶん一番最初に書かれた福音書です。

何が大事なポイントでしょうか。 それは、イエス様の力です。

 

「私よりもさらに力のある方が、あとからおいでになります。私には、かがんでその方のくつのひもを解く値うちもありません。 私はあなたがたに水でバプテスマを授けましたが、その方は、あなたがたに聖霊のバプテスマをお授けになります。」

 

悪霊を追い出す力、自然を支配する力、そして、罪を赦す力。 この福音書の中で、そんな圧倒的な力をイエス様は見せてくだ...

今日の新約聖書は第3ヨハネ。 ガイオというあるクリスチャンにヨハネが個人的に書いた手紙です。 

なんの用があって、わざわざこの手紙を書いたのか。 

…旅をしている教会の働き人をもてなしてもらうためです。

 

「愛する者よ。あなたが、旅をしているあの兄弟たちのために行なっているいろいろなことは、真実な行ないです。…あなたが神にふさわしいしかたで彼らを次の旅に送り出してくれるなら、それはりっぱなことです。」

 

「ですから、私たちはこのような人々をもてなすべきです。そうすれば、私たちは真理のために彼らの同労者となれるのです。」

 

今以上に、当時は自分...

おはようございます。 8月も終盤に入りました。 お盆休みも終わって、通常モードに入っている人も多いかと思います。 

今日の新約聖書は第2ヨハネです。 「選ばれた夫人とその子どもたち」にあてて書かれていますが、これは実は教会のことを指しているという有力な学説があります。 「教会」という言葉はギリシャ語では女性名詞ですし、「夫人」という言葉も小さい行政単位を示す言葉としても一般的に使われていたからです。

さて、そんな、教会にあてて書かれた短い手紙が第2ヨハネですが、こんな短い手紙の中で、何を強調しているでしょう。 

 

1:5-7 「そこで夫人...

罪を告白すること、神の命令を守ること、互いに愛しあうこと。 これらすべてを可能にするのは、御子キリストにある永遠のいのちです。 自分の力ではありません。 キリストイエスを信じる信仰によって与えられた永遠の「いのち」が、私たちを変えていきます。 

 

だから、

「1:1 初めからあったもの、私たちが聞いたもの、目で見たもの、じっと見、また手でさわったもの、すなわち、いのちのことばについて、 1:2 ――このいのちが現われ、私たちはそれを見たので、そのあかしをし、あなたがたにこの永遠のいのちを伝えます。すなわち、御父とともにあって、私たちに現...

ヨハネ3:16 「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠の いのちを持つためである。」

これは、たぶんクリスチャンの間では一番よく憶えられている言葉でしょう。

 

でも、これには続きがあります。 これほどまで大きな恵みを受けた私たちがどうすればいいかという適用です。 それが今日の箇所に出てきています。

1ヨハネ4:9-11 「神はそのひとり子を世に遣わし、その方によって私たちに、 いのちを得させてくださいました。ここに、神の愛が私たちに示されたのです。私たちが神...

Please reload

Featured Posts

COMMUNITY BIBLE READINGとは?

July 17, 2015

1/1
Please reload

Recent Posts
blog archive by month
Please reload

Search By Tags