2コリント4:6-7

「光が、やみの中から輝き出よ」と言われた神は、私たちの心を照らし、キリストの御顔にある神の栄光を知る知識を輝かせてくださったのです。 私たちは、この宝を、土の器の中に入れているのです。それは、この測り知れない力が神のものであって、私たちから出たものでないことが明らかにされるためです。

 

私たちは、自分の人生が完璧で、かけのない人生であるようにと願うかもしれません。でも、神様が与える人生は、土の器のような人生です。 土の器は、弱くてもろくて、ひび割れだらけです。 困難があったり、自分の内側の弱さを経験したり、思い通り...

2コリント3:17‐18

主は御霊です。そして、主の御霊のあるところには自由があります。私たちはみな、顔のおおいを取りのけられて、鏡のように主の栄光を反映させながら、栄光から栄光へと、主と同じかたちに姿を変えられて行きます。これはまさに、御霊なる主の働きによるのです。

 

キリストを信じると、自分の中のいやなところが見えてきます。 でも、変わるのは簡単ではありません。 そんな中で、なかなか変われない自分にがっかりしします。 でも、福音のすばらしさは、私たちの罪を赦しだけではありません。私たちを根底から造り変えていってくれる力です。一瞬で変...

36:1 ベツァルエルとオホリアブ、および、聖所の奉仕のすべての仕事をすることのできる知恵と英知を【主】に与えられた、心に知恵のある者はみな、【主】が命じられたすべてのことを成し遂げなければならない。」

 

荒野をキャンプ生活しながら、神の幕屋を作るのは、簡単なのとではありません。たくさんの資材、時間、そして能力と労力が求められます。 でも、神様はそれをないところから搾取する方ではありません。 幕屋のための金や銀をエジプトを出るときにイスラエルに持たせていましたし、そして、それを作るための知恵を英知も神様が与えていました。 今も、神様は...

35:21‐35

 感動した者と、心から進んでする者とはみな、会見の天幕の仕事のため、また、そのすべての作業のため、また、聖なる装束のために、【主】への奉納物を持って来た。 また、心に知恵のある女もみな、自分の手で紡ぎ、その紡いだ青色、紫色、緋色の撚り糸、それに亜麻布を持って来た。 感動して、知恵を用いたいと思った女たちはみな、やぎの毛を紡いだ。 

 

神様の宿る天幕を作るため、イスラエル人は大胆に捧げ、進んで奉仕しました。 強制されてではありません。 心からです。なぜでしょう。感動したからです。 神様の働きは、感動から始まりま...

 34:5-6

【主】は雲の中にあって降りて来られ、彼とともにそこに立って、【主】の名によって宣言された。 【主】は彼の前を通り過ぎるとき、宣言された。「【主】、【主】は、あわれみ深く、情け深い神、怒るのにおそく、恵みとまことに富み、 恵みを千代も保ち、咎とそむきと罪を赦す者、罰すべき者は必ず罰して報いる者。父の咎は子に、子の子に、三代に、四代に。」

 

今日の個所は、神様の自己紹介です。神様が伝えたい一番のことは、「あわれみ深く、情け深い」神だということです。 罪を犯さない、いいクリスチャンに対してだけそうなのでではなく、私たちが罪を何...

出エジプト  32:1 

民はモーセが山から降りて来るのに手間取っているのを見て、アロンのもとに集まり、彼に言った。「さあ、私たちに先立って行く神を、造ってください。私たちをエジプトの地から連れ上ったあのモーセという者が、どうなったのか、私たちにはわからないから。」

 

イスラエルは、金の子牛をつくって拝んでしまいました。 なぜ? 自分たちが見捨てられたと思って不安になってしまったからでした。 でも、その時、神がイスラエルとともに歩むための企画ミーティングが山の上では行われていました。 それなのに、人々は自分が見捨てられたと感じ...

1コリント 11:20-21

あなたがたはいっしょに集まっても、それは主の晩餐を食べるためではありません。 食事のとき、めいめい我先にと自分の食事を済ませるので、空腹な者もおれば、酔っている者もいるというしまつです。 … そのために、あなたがたの中に、弱い者や病人が多くなり、死んだ者が大ぜいいます。ですから、兄弟たち。食事に集まるときは、互いに待ち合わせなさい。

 

今の日本では餓死というのはあまりありませんが、当時の世界では頻繁でした。教会でも、例外ではありません。 そんな中で、教会でみんなで集まって食事を食べる聖餐式のときは食をえる貴...

1コリ10:13

あなたがたの会った試練はみな人の知らないものではありません。神は真実な方ですから、あなたがたを、耐えられないほどの試練に会わせることはなさいません。むしろ、耐えられるように、試練とともに脱出の道も備えてくださいます。

 

おはようございます。 リリーフ隊は早朝4時ごろ福岡につき、今は熊本です。祈ってください。私たちの人生には試練はつきものです。 でも、神様は試練を通して私達を成長させてくださる方です。1コリント10章の中で、パウロは、イスラエルが荒野での経験した「試練・試み」を思い出させました。 でも、イスラエルは、荒野...

出エジプト16:4

主はモーセに仰せられた。「見よ。わたしはあなたがたのために、パンが天から降るようにする。民は外に出て、毎日、一日分を集めなければならない。これは、彼らがわたしのおしえに従って歩むかどうかを、試みるためである。

 

桜の季節ですね。皆さん、ぜひそれぞれのMCで交わりを深めてください。 さて、今日の個所は神様が荒野で旅するイスラエルにマナというパンを与えてくださった箇所です。 ここからいくつか。① 神様は、私たちの必要を完全十分に満たしてくださる方です。  ② 神様が必要を満たしてくれる方法は、私たちが想像するものとも、期...

出エジプト13:3;8

モーセは民に言った。「奴隷の家であるエジプトから出て来たこの日を覚えていなさい。… その日、あなたは息子に説明して、『これは、私がエジプトから出て来たとき、【主】が私にしてくださったことのためなのだ』と言いなさい。 … それは【主】のおしえがあなたの口にあるためであり、【主】が力強い御手で、あなたをエジプトから連れ出されたからである。

 

神様がイスラエル人たちをエジプトから連れ出したというのは、当時のイスラエル人たちのためだけではありません。今を生きる私たちのためでもあります。 だから、このことを覚えているように...

Please reload

Featured Posts

COMMUNITY BIBLE READINGとは?

July 17, 2015

1/1
Please reload

Recent Posts
blog archive by month
Please reload

Search By Tags