おはようございます。 今日もいい天気になりそうですね。

今日の箇所はエペソ6章。最後の章です。 手紙の終わりでは、大事なことを語ります。 パウロが語ったのは、油断しないで、しっかり信仰に立つこと、そして、祈ることでした。

「終わりに言います。主にあって、その大能の力によって強められなさい。悪魔の策略に対して立ち向かうことができるために、神のすべての武具を身に着けなさい。… では、しっかりと立ちなさい。」

「すべての祈りと願いを用いて、どんなときにも御霊によって祈りなさい。そのためには絶えず目をさましていて、すべての聖徒のために、忍耐の限り...

おはようございます。今日はちょっとどんよりした一日ですね。でも、キリストの恵みは、今日も豊かに注がれています。 だから、パウロはこう言います。

「4:1 さて、主の囚人である私はあなたがたに勧めます。召されたあなたがたは、その召しにふさわしく歩みなさい。」

ゴールは何でしょうか。

「4:13 ついに、私たちがみな、信仰の一致と神の御子に関する知識の一致とに達し、完全におとなになって、キリストの満ち満ちた身たけにまで達するためです。」

キリストの身丈にまで成長することは一日でできるものではありません。 時間がかかります。 でも、あきらめずに、...

息子のお見舞いから戻ってきました。 今、リハビリの大変さなどを感じて、今、神様からの励ましを一番必要としている頃だと感じました。 そんな、息子のために、何を祈ればいいでしょう。 エペソの3章で、パウロはいろんな困難の中にいるエペソのクリスチャンのためにこんな祈りをしました。

「こういうわけで、私はひざをかがめて、天上と地上で家族と呼ばれるすべてのものの名の元である父の前に祈ります。 どうか父が、その栄光の豊かさに従い、御霊により、力をもって、あなたがたの内なる人を強くしてくださいますように。 こうしてキリストが、あなたがたの信仰によっ...

おはようございます。 皆さん、どんな朝を迎えていますか。 

今日の聖書はエペソ2章。 女神アルテミスで有名な偶像の街、エペソで育った人たちに、彼らが救われたのは神からの一方的な憐れみと恵みだということを強調している箇所です。 

「あわれみ豊かな神は、私たちを愛してくださったその大きな愛のゆえに、 罪過の中に死んでいたこの私たちをキリストとともに生かし、――あなたがたが救われたのは、ただ恵みによるのです。―― キリスト・イエスにおいて、ともによみがえらせ、ともに天の所にすわらせてくださいました。 それは、あとに来る世々において、このすぐれ...

Please reload

Featured Posts

COMMUNITY BIBLE READINGとは?

July 17, 2015

1/1
Please reload

Recent Posts
blog archive by month
Please reload

Search By Tags
Follow Us