おはようございます。シルバーウィーク、どのようにお過ごしでしょうか。茨木のボランティアに行ってる方もいらっしゃるでしょうし、明日からのリトリートに備えている方もいるでしょう。

今日の聖書は第一ペテロの最後の章です。

 

 5:5 同じように、若い人たちよ。長老たちに従いなさい。みな互いに謙遜を身に着けなさい。神は高ぶる者に敵対し、へりくだる者に恵みを与えられるからです。

 5:6 ですから、あなたがたは、神の力強い御手の下にへりくだりなさい。神が、ちょうど良い時に、あなたがたを高くしてくださるためです。

 5:7 あなたがたの思い煩いを、いっ...

イエス様が十字架にかかった時、それを一番身近で見ていたのは、ペテロだったでしょう。 そのペテロの書いた手紙の中で、キリストの十字架の苦しみが何度も出てきます。 イエス様の十字架の苦しみによって、私たちは永遠の救いを受け取りました。 でも、同時に、キリストの苦しみは、私たちへの模範でもあります。 だから、ペテロの手紙では、私たちがこの世の苦しみや迫害に臆したり、がっかりしたりせずに、キリストの十字架の救いと、模範を見て、私たちを召してくださった聖なる方にならって、わたしたち自身も、あらゆる行ないにおいて聖なるものとされる(1:15)よ...

一雨一雨ごとに、冬が近づいてきている感じがしますね。 

 

1ペテロ3:8-9

「最後に申します。あなたがたはみな、心を一つにし、同情し合い、兄弟愛を示し、あわれみ深く、謙遜でありなさい。 悪をもって悪に報いず、侮辱をもって侮辱に報いず、かえって祝福を与えなさい。あなたがたは祝福を受け継ぐために召されたのだからです。」

1ペテロ3:14-15

「たとい義のために苦しむことがあるにしても、それは幸いなことです。彼らの脅かしを恐れたり、それによって心を動揺させたりしてはいけません。むしろ、心の中でキリストを主としてあがめなさい。そして、あなたがた...

今日は素晴らしい天気でしたね。 

 

新約聖書は今日からペテロの手紙に入ります。 昨日までのマルコの手紙は、実はペテロが口述したものをマルコが書き取ったものだと言われています。ですから、ペテロの福音書と言ってもよかったかもしれません。そのペテロが書き残した手紙がこのペテロの手紙です。 これを読むと、イエスが天に上った後、さまざまな迫害を経験していったペテロが、何をよりどころにして、何を目指して歩んでいったのかがわかります。

 

マルコ1:3-5

「私たちの主イエス・キリストの父なる神がほめたたえられますように。神は、ご自分の大きなあわれみのゆ...

今日はとても過ごしやすい一日ですね。 秋の始りを感じます。 ぜひ、一日が終わる前に、ちょっと聖書を開いて静まるときが与えられますように。

 

マルコ16:6

「驚いてはいけません。あなたがたは、十字架につけられたナザレ人イエスを捜しているのでしょう。あの方はよみがえられました。ここにはおられません。ご覧なさい。ここがあの方の納められた所です。」

 

マルコの福音書の最後は、イエスの復活です。 他の福音書のようによみがえったイエスが出てくる記事はありません。 それらが大事でないわけではなかったと思います。 でも、「空の墓」で十分な証拠になるから...

Please reload

Featured Posts

COMMUNITY BIBLE READINGとは?

July 17, 2015

1/1
Please reload

Recent Posts
blog archive by month
Please reload

Search By Tags